資料請求・
お問い合わせ
ホワイトハウスパーツセンター ホワイトハウス
パーツセンター
MENU

BLOG ブログ

スタッフブログ コラム 2021.05.23

キャンパーのこれからのあるべき姿を、世界最大のキャンプ“バーニングマン”に見た!

キャンパーのこれからのあるべき姿を、世界最大のキャンプ“バーニングマン”に見た!

「最近の若いキャンパーは、焚き火ゴミをそのままにして帰ってしまう。どうしたものか・・」今日、横浜店に御来館いただいた年配のベテランキャンパーのお客様のお言葉。確かに近年のキャンプブームで話題になっているのが事故や怪我などが増加しています。「ソロキャンプ」が2020年の流行語大賞のトップ10入りするなど人気が集まったアウトドアブームですが、モラルの低下も問題になっています。マナーの悪化が原因で「焚き火ゴミ」をそのままにして帰ってしまう人が増えているようです。

キャンプが好きな人の多くは、自然や環境が好きな人が多く自然と共存したいマナーの良いユーザーがたくさんいますが、その反面 ”たき逃げ” と言われる炭や灰などを放置してしまう人が増えるのは何故なのか?御来館いただいた年配のベテランキャンパーは「最近はキャンピングカーが良くなりすぎて、車から出てきて挨拶もないんだよなぁ」とのお嘆きの言葉に、私はハッとしました。私たちはお客様の感動と満足のためにより良いキャンピングカーを作り、クールスターやスマートシェードなどの快適な車中泊空間を目指して参りましたが、キャンプ場というコミュニティへの配慮はどこまで出来ていたのか?私たちビルダーは、キャンピングカーを送り出すだけてなく、マナーやモラル低下に繋がらないように、キャンピングカーでのマナーも周知していかなければならなかったのではないか?お客様の言葉から垣間見える、キャンプ場のマナーやモラル低下。そこには日本に以前からあった互助・共助の精神が失われてしまったような感が否めません。

 

クリエイティブな砂漠の祭典、バーニングマンが守るキャンプでの互助・共助の精神

日本では失われつつある互助・共助の精神。でも海外では、この互助・共助の精神に満ち溢れたアウトドアイベントが、熱いブームを巻き起こしています。その代表的なイベントであるバーニングマンは、ネバダ州のブラックロック砂漠で毎年開催されるイベントで、とても多くの「バーナー(バーニングマン参加者の呼び方)」が参加する。9日間のイベント中はまるで砂漠の中に街ができる様子から、「ブラックロックシティ」と呼ばれている。このバーニングマンは1986年に始まり、現在まで30年以上に渡って多くの人を魅了してきた。このイベントは参加者全員が主人公となり、自己表現をすることで究極の経験をすることを目的としています。

バーニングマンの10の原則

2004年に、バーニングマンの精神と価値、そして文化を反映した10の原則ができたのです。この原則では、誰もがバーニングマンの参加者になることができ、互いにリスペクトし合うことが大切にされています。また、徹底的に自立し、自己表現することもバーニングマンで大切にされる文化なのです。イベントの参加者は自分が本来持っているパワーを感じとり、他の参加者とも協力し合い、素晴らしいキャンプとなります。

バーニングマン自体が1つのコミュニティであり、参加者はお互い積極的に助け合うのです。また、イベントの跡を残さないことも大事な原則である。バーニングマンは環境を大切にし、イベント終了後はもとよりも綺麗になるように片付けるようです。

バーニングマンの10の原則について、詳細はこちらで確認できます。

アートとパフォーマンス

Photo by Andrew Wyatt / Burningman.org

バーニングマンにおいて最も大切なことは、参加することとされていて、毎年多くの「バーナー」がキャンピングカーなどに寝泊りしながらアートやパフォーマンスに参加しています。砂漠の中に期間限定の巨大なアートキャンプを作りあげます。「プラーヤ」と呼ばれる広大なイベント会場は、様々な形や大きさのアートで埋め尽くされているようです。もちろん、「ザ•マン」と呼ばれる、イベントのシンボルである巨大な像もアートです。「ザ•マン」は、バーニングマンのクライマックスになると燃やされるのそうです。その他にもカフェアートや奇抜な車もたくさん展示しています。さらに、ドラマーにランプライター、DJ、ミュージシャン、そしてサーカスといった盛りだくさんのパフォーマンスもあり大いに盛り上がりますが、参加者は協力して掃除をし、イベント終了後はもとよりも遥かに綺麗になっているそうです。日本のキャンパーのあるべき姿を、世界最大のキャンプ“バーニングマン”から大いに学びたい今日この頃です。

バーニングマン2021

コロナウイルスの影響により、2021年のバーニングマンはオンラインで開催されるようです。詳細については、バーニングマンの公式サイトにてチェックできます。

LINE UP CATEGORY

ハイエースキャンパー

HIACE CAMPER

ハイエースキャンパー

ベース車両 ハイエース

コンパクトキャンパー

COMPACT CAMPER

コンパクトキャンパー

ベース車両 FREED+ / ステップワゴン /
VOXY / NOAH / エスクァイア

Kキャンパー

K CAMPER

Kキャンパー

ベース車両 N-BOX / N-VAN

CONTACT US

ホワイトハウスキャンパーに関わる
お問い合わせ・資料請求・
見積もり依頼は
こちらから

お問い合わせ・資料請求・
見積もり依頼

PURCHASE

ホワイトハウスキャンパーの買い取りは
私たちにお任せください。
簡易査定はこちらから

買取査定