資料請求・
お問い合わせ
ホワイトハウスパーツセンター ホワイトハウス
パーツセンター
MENU

BLOG ブログ

災害キャンパー スタッフブログ コラム 2021.06.07

防災キャンパーで乗り切る“コロナ禍”と“自然災害”同時危機!

防災キャンパーで乗り切る“コロナ禍”と“自然災害”同時危機!

まずは気候変動による問題を知り、私たちもできることから始めよう

日本でも、ここ数年で気温の上昇、大雨の頻度の増加、農作物の品質低下、動植物の分布域の変化、熱中症リスクの増加など、気候変動の影響が全国各地で起きており、長期に渡って被害が拡大する恐れがあります。地球変動や、日本や世界で発生している自然災害について詳しく知り、また、個人でも実践できる“レジ袋を貰わない”や“不必要なエネルギーを使わない”などで気候変動を少しでも遅らせる行動を意識して、キャンピングカーに有事の備えをするなど、小さな行動からスタートさせることが大切と言えるでしょう。全国的に新型コロナウイルスがまん延する中、西日本各地は記録的な早さで梅雨入りしたね。これから先、台風シーズンが終わる秋までは豪雨などの災害リスクが高まる「出水期」だ。ワクチン接種が本格的に始まったばかりの日本列島では、コロナと災害、二つの危機に同時に見舞われる事態が考えれれます。感染症対策の長期化で疲弊した自治体や医療機関はこの難局を乗り切る努力を開始。また、個人でも実践できる気候変動を少しでも遅らせる行動と有事の備えなど小さな行動からスタートさせることが大切と言えるでしょう。

フリーデッキシリーズ デッキワン

防災キャンパーで乗り切ろう!コロナ禍と自然災害のW危機!

リフター シエル

 予断を許さない感染状況に、万が一、大規模災害が重なることも考えなければなりません。ただでさえコロナ対応で手いっぱいの医療機関に、災害の被害者を受け入れるのは困難が予想されます。災害医療マネジメントが専門の中尾博之岡山大教授は「一時的に医療の需給バランスが大きく崩れ、患者さんに優先順位を付けざるを得なくなる。本来なら入院すべき方でも、待機してもらうケースが出てくるだろう」と話しています。

エスコート

LINE UP CATEGORY

ハイエースキャンパー

HIACE CAMPER

ハイエースキャンパー

ベース車両 ハイエース

コンパクトキャンパー

COMPACT CAMPER

コンパクトキャンパー

ベース車両 FREED+ / ステップワゴン /
VOXY / NOAH / エスクァイア

Kキャンパー

K CAMPER

Kキャンパー

ベース車両 N-BOX / N-VAN

CONTACT US

ホワイトハウスキャンパーに関わる
お問い合わせ・資料請求・
見積もり依頼は
こちらから

お問い合わせ・資料請求・
見積もり依頼

PURCHASE

ホワイトハウスキャンパーの買い取りは
私たちにお任せください。
簡易査定はこちらから

買取査定