With Camper TELE WORK

Stay Home、在車勤務という働き方改革。

コロナショックから学ぶ
これからの働き方

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、防衛のために在宅勤務を中心としたテレワークを導入する企業が増えているなか、共働きでのテレワークで注目されているのが、軽自動車・ミニバン・ハイエースをベースにしたキャンピングカーでの在車勤務です。「共働きなので家ではダブルでZoomミーティング・・お互い被って声が聞こえない」「子どもがまとわりついてくるのではかどらない・・」そんな方々からキャンパーをプライベートオフイスにして効率の良いテレワークしたいという要望が急増!ホワイトハウスの展示車商談会なら短納期でキャンパーテレワークを開始できます!

Next
Next

ランキング上位車は
テレワークでも人気

テレワークで人気の高いN-BOX+キャンパーNeo、N-VANコンポ、ヴォクシーDAYS POPが、 キャンピングカーの2020年総合人気車両ランキング トップ10の上位にランクイン!

Next
Next

キャンパーを活用して
スモールオフィスに

キャンパーでは「自分の秘密基地」 のように自室気分でくつろげます。パソコン、プリンター、Wi-Fiを持ち込んでも、サブバッテリー、走行充電器、ソーラーパネル搭載可能なので問題なく使えます。同時に電子レンジや冷蔵庫も使えますので、オフィス以上に快適です。

Next

普通車ここが違う!
キャンパーの快適装備

「自家用車でのテレワークはパソコンのバッテリーが落ちたらそこで終わり・・・」 「パソコンを置くテーブルがないと書類作成は無理かも・・・」 そうなんです。シートに座り、ひざ元にノートパソコンを置くようなスタイルだと、パソコンのポジションが安定せずストレスが溜まります。一般的にキャンピングカーにはしっかりとしたテーブルがセットされていますので、パソコンでのテレワークも長時間可能です。また、電源供給が強化されたキャンパーなら集中してテレワークができます。電源装備でアイドリングを止めて静かな状態でも長時間パソコンやプリンター、Wi-Fiが使用できます。冷蔵庫や電子レンジ、マックファンを搭載した車両もあり、換気もバッチリ!エアヒーター搭載なので冬場もポカポカ!就寝もOK!まさに動くスモールオフィスです。

Next

バンコンでテレワーク

ハイエースをベース車とした「バンコン」は、運転しやすく、安全性と走行性、機動力に優れています。さまざまな装備が備わっており、オフィス機器を取りつけることもできるので、自分仕様のスモールオフィスに仕上げることが可能です。

Next

コンパクトキャンパーをスモールオフィスにしてテレワーク

ミニバンがベースのキャンピングカーの魅力は、通勤・通学や買い物など普段使いができる一方で、アウトドアで快適な車中泊も楽しめ、スモールオフィスとしても使い勝手が良く多くテレワークにも最適です。

Next

軽キャンでテレワーク

軽キャンピングカーのメリットは、 小回りが利く、 価格やランニングコストが安くて、 2~3名のキャンプなら軽キャンピングカーでも十分に対応。ソーラーパネルも搭載可能でプライベートオフィスとしてもピッタリです。

Next
https://peraichi.com/landing_pages/view/sugu2020

ショールームで体感しよう